大手進学塾・集団指導塾

中学受験のための指導を行う塾の中で、受験生が多く利用するのが進学塾、いわゆる集団指導型塾です。30人や40人くらいの生徒さんを講師1人が指導します。大手進学塾では指導力のある講師がいて、大勢の生徒さんでもしっかり集中させて授業を進めていくため非常に人気があります。

大勢の生徒が授業に参加しているため、周りには常にライバルがいます。同級生の中で中学受験を志しているお子さんが少ない、またいないというお子さんにとって、集団塾で中学受験を志すライバルがいるという事は非常にいいことです。ほかのお子さんが頑張っていれば自分も負けないぞという気持ちを持てますし、現代の小学校は運動会でも徒競走に順位を付けないなど競争心を養うようなことが少ないので、これは現代のお子さんに大きな刺激となるでしょう。

逆に集団指導型塾のデメリットは、気が弱いお子さんや集団に慣れていないお子さんが委縮し、質問等出来ずに落ちこぼれていく可能性があるという事です。クラス編成で授業が進むため、講師も一人ひとりに目を光らせていられません。きめ細かな指導をしてほしいという事になると、集団型塾よりも個別指導塾の方がより魅力があります。集団型塾は学力が高いお子さんが多いという事もあり、苦手科目があったり、基礎学力がついていないお子さんは、個別指導塾が向いています。