個別指導塾もいろいろ

最近は大手進学塾の集団型指導を行う塾でも、個別指導のシステムを導入しているといいます。集団型の指導はそのままに、苦手科目や希望によって個別指導を行うというものです。算数がとてもできるお子さんでも社会が弱かったり、国語力がないため、算数の難しい問題が理解できないなどの際、対応できるシステムとして保護者の間で喜ばれています。

個別指導塾といっても色々で、上記のように大手進学塾が個別指導システムを導入していることもありますし、中学受験の指導を個別指導のみで行うという塾も存在しています。また1人対1人、つまり講師対生徒、というマンツーマンの個別指導もありますし、講師1人に2人、3人の生徒が指導を受けるグループ方も存在しています。

どの個別指導を選択するかはお子さんの性格、学力、現在抱えている勉強の問題などによって違ってきます。保護者はお子さんの性格をしっかり把握し、お子さんの学力にあった個別指導塾を選択していくことが必要となります。大手進学塾は中学受験情報などに長けているなどの利点がありますが、集団塾の場合、全体に配慮できないという事もありますので、個別指導塾の利点を考慮しながら、お子さんにあったよりよい塾を選んでいくといいでしょう。