基礎学力は低学年で鍛える

進学塾の中には中学受験対策の中で、低学年を指導するという所も多くなっています。中学受験までまだまだ先という状態の低学年のお子さんが、進学塾に行くなんて必要あるの?という保護者もいますが、中学受験準備は「早ければ早いほど用意周到に準備ができる」のです。

一般的に中学受験を目指すことを決めるのは小学校高学年です。でも塾などでは中学受験準備について、なるべく早く始めてほしい、遅くとも小学校4年生には!と指導しています。小学校低学年のとき、すでに中学受験を目指すという方向性が決まっていれば、低学年の基礎学習でもわからないことがないようにきめ細かな指導ができます。

小学校低学年の勉強がわからなければ、その先の勉強もわからなくなります。わからないことが勉強のやる気をなくす要因ともなりますし、落ちこぼれていく要因ともなります。中学受験という小学生にとって大きな経験を合格という嬉しい体験で終わらせてあげたいと考えるのなら、小学校低学年で基礎学力をしっかり鍛え、小学校高学年になったらレベルの高い学習ができるようにしておくことが重要です。お子さんが今低学年で保護者の方が漠然と将来中学受験を・・・と考えているのなら、チャレンジするにしてもしないにしても、基礎学力を向上させておきましょう。