苦手克服は個別指導塾が最適

成績がいいお子さんでも、苦手意識を持っている科目があります。算数が得意、でも理科はあまり得意ではない、記憶する分野は好きだけど、応用を利用して解く問題は苦手と、科目の中でも問題によって得意不得意があるというお子さんも多いです。苦手科目が1科目くらいあっても・・・と考える方もいますが、中学受験では、科目全てにおいてしっかり点数を取れる勉強をしておかないと郷学が見えてきません。

中学受験はこれまで2科目を受験科目としている学校が多かったのですが、最近は4科目受験が主流です。国語、算数、理科、社会と4科目を学習しておかなくてはならないので、お子さんの負担もより大きくなったわけです。たった1点が合格を左右するともいわれる厳しい中学受験で、公開がないように苦手科目を克服するための努力をしましょう。

苦手科目克服に一番適しているといわれているのが、個別指導塾です。講師はお子さんの苦手科目、その中のウィークポイントを見極め、重点的にわからないことを指導してくれます。お子さんが苦手科目があるのなら、まず塾の講師に相談しその科目を重点的に指導してもらいましょう。細かい配慮ができるのが個別指導塾の利点でもありますので、勉強についての悩みは、どんどん相談していきましょう。