積極的なお子さんには向かない?

消極的、大人しい、優しいなどのお子さんには、個別指導塾が向いているのですが、逆に積極的な性格を持った子供には合わないのかというとそういう事ではありません。積極的で先生にがんがん質問でき、わからないことはわからないと授業の中でもはっきり人前で意見できるお子さん、こうしたお子さんは集団指導型塾でも十分成績を上げていくことが可能です。

ライバルに負けないという強い気持ちを持っているお子さんも多いので、集団指導の中でぐんぐん成績を向上させていきますが、苦手科目については消極的になってしまうお子さんも少なくありません。プライドが高いお子さんも多く、わからないことをわからないというのが恥ずかしいと思ってしまうと、苦手科目ほどおとなしくなってしまい質問もできず、結局落ちこぼれていきます。

得意科目はとにかく元気で前向きに授業を受けますが、苦手科目になると小さくなっている、こうした状態のお子さんにも個別指導塾がいいでしょう。苦手を克服するとみるみる成績が伸びていくタイプです。また集中力がなく、積極的な性格だけど落ち着きがないため、知識をしっかり吸収できないというお子さんにも、個別指導塾が向いているといえます。講師と1対1でじっくり指導されるうちに、だんだんと集中力もついてくるでしょう。