競争学習になじめない

何事にもポジティブで興味をもって知りたいことがあるとどんどん自分からその世界に入っていくことができるお子さんもいれば、興味があっても新しい世界に踏み込むことが苦手だったり、周りのお子さんに遠慮してしたい事ができないお子さんもいます。

運動会などでリレーなどを行うと顕著にわかりますが、人を抜くことができないお子さんが今、多くなっています。小学校では徒競走の順位を付けることなく、通知表についても、よくできましたとか頑張りましょうという表記です。学校の中で競争するということが少なくなっていることが、中学受験にも影響しているといわれています。

今、個別指導塾が人気となっているのも、競争学習になじめないお子さんが多いからでしょう。大勢がいる中、他のお子さんに負けないという気持ちをもって必死に勉強し、塾での順位を上げたい!と頑張る気持ちを持つお子さんが少ないのです。

大手進学塾でも集団指導を行う塾で、競争学習になじめずにいると成績が上がるどころか下がっていくこともあります。速いスピードで進む授業、周りのこの学習スピードについていけないのです。そうならないように、お子さんの性格をよく理解し、魅力ある進学塾でも、お子さんに本当にあっているかどうか判断していくことが、保護者としての務めでもあります。