講師の質が高い

最近は様々な塾が登場し、塾によってその指導方法も利用するテキストにも違いがあります。お子さんにあった塾を探すのも、塾が多すぎて選べないという保護者が多いです。塾が多くなっていることは現実ですが、本当に質の高い指導を行っているかどうか、これは塾の多さと比例しません。

ただ、個別指導塾の場合、お子さんに対してマンツーマンの指導を行うため、講師の指導力が高いと成績が顕著に上がっていきます。集団指導を行う塾の場合、マニュアルに沿ってある程度の講義ができれば、後は生徒が頑張ってついてきますが、個別指導の場合、生徒主体の指導となるので、そのお子さんの学力、勉強に対するやる気などをしっかり把握して指導しなければ、成果に結びつきません。

そのため、個別指導塾は講師の質が高いといわれます。指導者としての性格、人の心に沿った指導を考える優しさ、学力の分析力、それを塾の指導方針に沿ってカリキュラムにお越し、その子供一人ひとりにあった指導をしなければなりません。講師として質を高めると同時に、学力にあった理想的なカリキュラム作りもしなければならないのです。

個別指導経験が長いプロ講師になると、お子さんの性格をしっかり見据え、話をしながら苦手が何かを理解し、そのお子さんに合った独自のカリキュラムで学習を進めてくれます。子供の方も、自分の事をよく理解してくれていると感じれば、信頼感が生まれ、成績向上にもつながっていくでしょう。