個別指導塾にいつから通わせる?

中学受験を目指しているお子さんを塾にいつから通わせるか、これも保護者の悩みどころです。中学受験を早くから計画しているご家庭では、大手進学塾に低学年から通わせる、また基礎学力をしっかり身に着けるために個別指導塾を低学年から利用するなど行動を起こしているご家庭も多いです。

大手進学塾などでも個別指導を取りいれているところが多くなっていますが、こうした中学受験を目指す入塾は小学校4年生からの募集が一般的です。大手進学塾の考え方は、小学校4年生と5年生で基礎学力を徹底指導し、6年生では受験体制に入るという指導方法です。

通常個別指導塾にしても中学受験に特化した塾では、先取り学習を行っています。その年代で受ける教育を早めに修了してしまう事で、余裕をもって中学受験への体制を整えるためです。小学校4年生で中学受験を見据えた塾に入ってほしいというのは、小学校5年になってから入塾すると、その塾では小学校の授業よりも先の学習をすることになるため、追いつくために自宅学習で先取り学習をしなければならなくなるからです。低学年から進学塾に通わせるかどうかは、お子さんの負担にならないように考慮しながら考えていく必要がありますが、一般的に、集団型指導の塾でも個別指導の塾でも、小学校4年生になったら入塾を考える方がいいでしょう。