集団型よりも高い

公立中学ではなく私立中学に行くとなると、教育費用がかなり高くなります。中学受験を考えている保護者の皆さんはこうした公立と私立の教育費用の違いを把握されていますが、これに加えて、中学受験では塾が必須といわれていますので、塾にかかる費用も考えておかなければなりません。

大手塾に中学受験を目指して通うという場合、通常、週少なくとも3日、一般的に4日くらい通う事になります。夕方から夜にかけて4時間から5時間の授業を受けるとなると月謝は6年生で6万円くらいかかります。となると1年間に塾の費用だけでも70万円以上かかり、これにテキスト代やテスト費用、さらに交通費などを含めると100万円くらいかかるのが普通です。びっくりする金額ですが、これ以上の費用がかかる事もざらなのです。

夏季には集中講習などもありますので、これももちろん利用したいです。となるとさらに費用がかかりますし、集団塾と個別指導塾、また家庭教師などダブルでの利用をしたい場合、さらにそれ以上の費用がかかります。しかし、中学受験は独学で合格する事が難しい世界なので、教育費用として塾の費用も計算に入れておくことが必須です。こうした経験をすることは、中学受験にチャレンジするお子さんの強い力となります。