成績が上がらない時

小学校4年生になってそろそろ中学受験の本格的な準備が必要になれば、多くのお子さんが個別指導塾や大手進学塾などに通い始めます。個別指導塾にするか、大手進学塾にするか、迷うところですが、実際に中学受験を経験したご家庭では、ダブルスクールを取りいれたというご家庭も多いです。

進学塾に通っているけれど、不得意科目の成績が一向に上がらない、という状態もあります。苦手科目は勉強していてもわからないからつまらなくなってしまい、勉強のやる気が下がってしまいます。得意科目は理解できるので、もっと知りたいと成績が伸びていきます。この場合、大手進学塾の集団指導では、一人のお子さんに時間を費やして苦手克服の指導を行うという事がありませんので、大手進学塾の中でも個別指導システム導入の塾で集団と個別と両方の指導を受ける選択をするご家庭もあります。

また大手進学塾では得意科目を指導してもらい、苦手科目については他の個別指導塾で指導をしてもらう、いわゆるダブルスクールを実践するご家庭も多いのです。費用がかなり掛かってきますが、中学受験では、苦手科目の点数をあげることが大切といわれています。お子さんの学力次第ではほかの塾の併用も視野に入れておくべきです。