個別指導は低学年時にも有効

低学年で中学受験に沿ったレベルの高い学習をさせる必要はないという保護者もいます。ただ、低学年は毎日の生活の中で勉強するリズムを付ける事、毎日学習する癖をつける事が大切で、どの科目についても基礎を教わる年代なので、勉強が大切という事には変わりありません。

どの時点で塾に行かせるかはご家庭次第ですが、低学年から中学受験に沿った質の高い指導を受けるのなら、やはり、個別指導塾がベストです。個別指導塾では得意科目について、先取り学習を行い、上の学年に行った時、すでに学校の授業内容がわかっている状態を作ります。先取り学習を行うのと同時に、基礎学力があるかどうもテストで判断します。

お子さんそれぞれの基礎学力を個別指導講師が知る事で、苦手な科目についても、基礎学力が備わっていないお子さんにもあった指導ができます。高学年にも有効活用できる個別指導塾ですが、低学年にもそれぞれにあった学習指導ができる魅力があります。

低学年で苦手な科目、成績が良くない科目があるようなら、個別指導の講師にしっかり相談し、低学年で必要な学力になるよう、低学年のうちに基礎学力向上を考えておくと、高学年になってからも安心でしょう。個別指導塾はそのお子さんに必要と考えられる指導を細かく出来るという事も大きな魅力です。