中学受験間近の個別指導塾指導

中学受験が間近に迫っている段階では、個別指導塾でも中学受験のため総仕上げを行う時期です。大手進学塾の個別指導を利用されている場合、中学受験のためのノウハウや情報をしっかりつかんでいますので、その年度の受験出題傾向を把握した指導を受ける事ができるでしょう。

間近になってからは個別指導塾でも志望校の出題傾向に合わせて繰り返し反復学習を行い、テスト形式の練習を行うなど、本格的に受験を意識した指導内容となります。お子さんもいよいよ受験が迫ってきて気持ちにも余裕がなくなってきますが、個別指導塾では1対1の指導、若しくは講師1名に生徒2人などの少人数制なので、集団指導塾より緊張感を強く感じることなく学習できるでしょう。

集団指導を行う塾では、中学受験を受けるお子さんたちがこぞって熱の入った勉強をしています。緊張感が苦手、プレッシャーをかけると委縮してしまうというお子さんは、こうした緊張感に耐えられず、自分のペースを崩すこともあります。でも個別指導塾なら周りに流されることなく指導を受ける事ができるので、いつも通り、平常心で、受験間近の学習ができるはずです。自宅学習も過去問の繰り返し学習などメインに、テスト形式の勉強などには時間を保護者が計るなどして、協力体制を強めて受験に備えましょう。