中学受験に打ち勝つために

公立中学にそのまま通わせるよりも、中学受験を経験して、より高いレベルの指導を、中学時代に植え付けておく方が将来役立つ、こう考える保護者が多くなっています。学校側も、すべてのレベルが存在する学校ではなく、その学校の教育方針に沿った高い学力をある生徒を選抜し、理念を活かした教育をしたいと考えています。

私立中学など中学受験を実践する中学では、志が高いお子さんたちが多いため、教育についても部活についても熱心に頑張る気持ちを持つことができます。費用がかかる分、先生たちも生徒に対して熱心であり、教育について積極的です。公立中学との違いは、一番指導する先生の違いにあるかもしれません。

魅力いっぱいの私立中学や中高一貫教育校に進学させたいと考える際に、必ずついて回るのが塾の選択です。中学受験には高校受験や大学受験同様、塾が必須となります。特に御三家と呼ばれる超難関中学や有名私立中学を志望するのであれば、塾もそれなりのレベルがあり、実績経験共に高いところが必要となります。

進学塾の中でもよりお子さんについてきめ細やかな指導を提供するため、集団指導と個別指導を両方取りいれているところも出てきています。お子さんの学力、志望校のレベルなどをよく考慮し、塾をより効果的に利用していきたいものです。